法人住民税

  • HOME
  • 法人住民税

法人住民税とは?

 法人住民税は、和気町内に事務所や事業所などがある法人(会社など)に課税されます。

納税義務者

 ・町内に事務所や事業所がある法人。
 ・町内に事務所や事業所はないが、寮・保養所などがある法人
 ・町内に事務所や事業所または寮などがあり、法人でない社団・財団で代表者か管理人の定めのあるもの。

課税の方法(税率・計算方法など)

 法人住民税額 = (A)法人税割額 + (B)均等割額
  (A)法人税割額 = 法人税額 × 14.7%(平成26年10月1日以後に開始する事業年度から12.1%)
  (B)均等割額  = 下表に示す均等割額(年額) × 算定期間中に事務所等を有していた月数/12月
※予告申告における経過措置
 平成26年度税率改正に伴い、平成26年10月1日以後に開始する最初の事業年度の予定申告の法人税割は、「前事業年度の法人税割額×4.7÷前事業年度の月数」とする経過措置が講じられます。

【法人住民税均等割額表】
法人住民税均等割額表
※区分は、課税標準の算定期間の末日現在で判定します。
平成27年4月1日以後に開始する事業年度より税率区分の基準となる「資本金等の額」が変わります。
資本金等の額に係る変更点について詳しくは以下のリンクをご覧ください。
資本金等の額に係る変更点について

申告と納付について

 法人住民税は、申告納付方式をとっており、納税義務者である法人は、それぞれの法人が定める事業年度が終了したあと一定期間内に自ら税額を算出して申告し、その税額を納めます。

法人住民税申告
※予定申告は前事業年度の確定法人税額が20万円以下の場合、原則として予定申告の必要はありません。

法人の設立・異動等について

 新たに法人を設立・設置した場合や、法人等に異動があった場合は、次の届出書を提出してください。
 ダウンロード・・・法人等の設立・設置・解散・閉鎖等・変更届
※予定申告は前事業年度の確定法人税額が20万円以下の場合、原則として予定申告の必要はありません。

問い合わせ先

本庁舎 税務課(1階6番窓口) 和気郡和気町尺所555番地 TEL:0869-93-1124
佐伯庁舎 総務福祉課(1階総務係) 和気郡和気町矢田305番地 TEL:0869-88-1102



Adobe Readerダウンロード

和気町のホームページでは、PDFデータが閲覧できます。 PDFが表示できない方はこちらからAcrobat Readerをダウンロードしてください。
Acrobat Reader