軽自動車税

  • HOME
  • 軽自動車税

軽自動車税とは?

 軽自動車税は、毎年4月1日現在で、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車を所有している人に対して、年税額で課税される税金です。
また、軽自動車税は月割課税をしていませんので、4月2日以降に廃車や名義変更した場合でも、その年の税金は年税額を全額納める必要があります。

軽自動車税の税額変更のお知らせ

地方税法の改正により、軽自動車と小型の普通自動車との間の税負担水準格差の見直し、グリーン化を進める観点などから、軽自動車の税率が引き上げられます。

原動機付自転車及び二輪の軽自動車など

原付税額

【三輪及び四輪以上の軽自動車】

新税率

平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた車両に適用されます。
(※新規検査から13年を経過するまで)

新税率

旧税率

平成27年3月31日以前に最初の新規検査を受けている車両適用されます。
(※新規検査から13年を経過するまで)

旧税率

重課税率

最初の新規検査から13年を経過した車両に適用されます。
平成28年度対象車両は最初の新規検査が平成14年以前のものです。
なお、電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ハイブリッドの軽自動車は対象外となります。

重課税率

グリーン化特例

平成27年4月1日から平成28年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両で、一定の環境性能を有する対象車に該当する場合、平成28年度分に限り、軽課税率が適用されます。

グリーン化特例

※1 天然ガス自動車は、平成21年排出ガス規制に適合し、平成21年度排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物を低減する車両に限ります。

※最初の新規検査については、車検証の初度検査年月を確認してください。

自動車車検証

軽自動車関係の手続について

 軽自動車等を取得したり、申告事項に変更があった場合は、下記の手続きを行ってください。車種によって手続きの場所や方法が異なります。特に売ったり(個人売買等)、使わなくなったり(廃棄処分等)したときは、必ず申告(廃車の手続き)をしてください。手続きをされないといつまでも税金がかかることになりますのでご注意ください。

◆原動機付自転車(125cc以下のバイク、スクーターなど)及び小型特殊自動車(和気町ナンバー等、市区町村発行のナンバープレートが対象です。)の申告

軽自動車税手続
※ナンバープレートを紛失された場合はプレート代500円をお支払いいただきます。(盗難の場合は免除されます)

ダウンロード①・・・軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書(PDF)
ダウンロード②・・・軽自動車税廃車申告書兼標識返納書(PDF)

◆①以外の車両の申告については、下記に問い合わせください。

軽自動車税手続

軽自動車税の減免について

◆減免の対象

 身体もしくは精神に障がいがあり、一定の要件を満たす方が所有する軽自動車、またはその方と生計を共にする家族の方が所有する軽自動車で、当該身体障がい者等の通院、通学等のために使用される場合、軽自動車税が減免の対象になります。ただし、自動車税(県税)の減免を受けている方は対象になりません。

◆減免の申請

 減免申請書(※様式添付)をご記入いただき、下記のものをご持参のうえ窓口に申請ください。
・身体障害者手帳,戦傷病者手帳,療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳
・減免対象の車を運転する人の運転免許証(コピーでも可)
・自動車検査証(コピーでも可)
・減免を受ける人(納税義務者)の印鑑

※ 和気町では、一度申請すれば、その減免事由等申請内容に変更がない場合に限り、翌年度以降の新たな申請は不要です。他の市町村に転出される場合は、取り扱いについてはそちらの市町村へお問い合わせください。
※ 普通自動車の自動車税及び普通自動車・軽自動車の自動車取得税の課税免除の手続については,岡山県備前県民局税務部までお問い合わせください。

よくあるご質問(軽自動車税Q&A)

Q.50CCの原動機付自転車を購入したので、ナンバープレートが欲しいのですが、何を持ってどこへ行ったら受け取れますか?またお金はかかりますか?

 和気町役場税務課あるいは佐伯庁舎総務福祉課へ所有者の印鑑と販売先からの販売証明を持って来庁ください。ナンバープレート発行時にお金はかかりませんが、廃車を行うときにナンバープレートがない場合に限り500円いただきます。知人から譲渡された場合等も必要なものが変わりますので、別表をご覧ください。

罫線

Q.軽自動車を廃車したのに、町から納税通知書が送られてきました。なにかの間違いではありませんか?

 廃車の手続きをされたのは、いつでしょうか?軽自動車税は、賦課期日(基準日)である毎年4月1日現在、原動機付自転車・軽自動車・小型特殊自動車および軽二、三輪車、二輪の小型自動車を所有している方に、一年分の課税がされます。そのため、4月1日までに廃車の手続きがあった車両については、課税されませんが、4月2日以降に廃車された車両については、その年の税金を納めていただくことになります。なお、4月2日以降に登録手続きをされた車両については、その年は課税されません。

罫線

Q.私は、和気町から他市町へ転出しましたが、和気町から軽自動車税の納付書が届きました。軽自動車税は、市町村民税と聞いたことがあり、住んでいる市町村から納付書が届くと思っていたのですが?

 おっしゃるとおり、住んでいる市町村で賦課する税金です。しかし、住民票の異動のように、軽自動車等にも登録住所の変更をおこなっていただく必要があります。和気町でナンバープレートを発行する車両(原動機付自転車・小型特殊自動車・軽二、三輪車)については、転出前にナンバープレートの返納を税務課窓口で行っていただくか、転出先の担当窓口で、廃車・新規登録手続きを行っていただく必要があります。軽自動車については、岡山県では、軽自動車検査協会、他県へ転出された場合はその県の軽自動車協会・軽自動車検査協会等へ住所変更の手続きをしていただく必要があります。しかし個人で手続きを行うのは手間がかかりますので、車検と同時に住所変更手続きを、車検業者に行っていただくのが便利です。上記と同様に、二輪の小型自動車については、岡山県では中国運輸局の岡山運輸支局で行っています。

罫線

Q.ナンバープレート・標識交付証明書・廃車申告書等の再交付には何が必要ですか?

【ナンバープレートの再交付】
・紛失の場合
所有者の印鑑
再登録費(500円)
標識交付証明書(ない場合は不要)
身分証明証

・盗難の場合
標識交付証明書
所有者の印鑑
盗難届確認事項(届出警察署名・派出所等、届出年月日、受理番号、盗難の場所)

【標識交付証明書の再交付】
身分証明証
標識(ナンバー)および車体番号等の控え

【廃車申告受付書の再交付】
身分証明証
標識(ナンバー)および車体番号等の控え

罫線

Q.農耕用トラクター(乗用装置のあるもの)やフォークリフト等で、公道を走らない場合、ナンバープレートは必要ですか?

 軽自動車税は、公道の走行に関係なく、車両を所有していることに基づいて課税されます。所有している人は、軽自動車税の申告をして、ナンバープレート(標識)の交付を受けてください。

問い合わせ先

本庁舎 税務課(1階6番窓口) 和気郡和気町尺所555番地 TEL:0869-93-1124
佐伯庁舎 総務福祉課(1階総務係) 和気郡和気町矢田305番地 TEL:0869-88-1102



Adobe Readerダウンロード

和気町のホームページでは、PDFデータが閲覧できます。 PDFが表示できない方はこちらからAcrobat Readerをダウンロードしてください。
Acrobat Reader