報道関係

2016/12/22

山陽新聞(「観光連携組織」成立へ)

山陽新聞に赤磐、瀬戸内市、和気町が観光地域づくりのかじ取り役を果たす組織「吉井川流域DMO」の2018年夏ごろの設立を目標に、準備を進めていることについて掲載されました。

2016/12/15

山陽新聞(高校魅力化事業)

山陽新聞に和気閑谷高校が、ESD(持続可能な開発のための教育)の取り組みが優れた学校を奨励する「第7回ESD大賞」(NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム主催)の最高賞に当たる文部科学大臣賞に選ばれたことについて掲載されました。

2016/12/06

山陽新聞(オンライン英会話)

山陽新聞に町内の宿泊・飲食業などの接客業従事者と観光ボランティア向けの英会話講座の受講対象に、来年1月から、3歳児から中学生の子どもを加えることについて掲載されました。