○和気町立にこにこ園の組織運営等に関する規則

平成28年12月19日

教育委員会規則第11号

(趣旨)

第1条 この規則は、和気町立にこにこ園に関する条例(平成28年和気町条例第15号)第3条の規定に基づき、にこにこ園の組織運営等に関し必要な事項を定めるものする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(3) にこにこ園 幼稚園と保育園とが連携して、一体的な運営を行う園をいう。

(職員)

第3条 にこにこ園に園長、副園長、保育教諭その他必要な職員を置く。

(運営)

第4条 にこにこ園は、幼稚園及び保育園の機能を一元的に管理運営する施設を総称するものとする。

2 にこにこ園に幼稚園部及び保育園部を置き、その保育の対象となる者は次の各号に定めるところによる。

(1) 幼稚園部は保育を必要としない子どもを、保育園部は保育を必要とする子どもを対象とする。

(2) 保育を必要とする子どもを対象とし、小学校就学前3か年以内の年齢に該当する者は希望により幼稚園部又は保育園部を選択し、それ以外の者は保育園部とする。

3 にこにこ園のクラスは、それぞれの該当年齢別に合同で編成する。

(学年)

第5条 にこにこ園の学年は、4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

(合同保育)

第6条 にこにこ園では、幼稚園の毎日の保育時間内において小学校就学前3か年以内の年齢に該当する者は、幼稚園教育要領に基づく教育課程による育成を行う。

(保育時間)

第7条 にこにこ園の保育時間は、次のとおりとする。

(1) 幼稚園部 午前8時30分から4時間(以下「短時間保育」という。を原則とする。

(2) 保育園部 午前7時30分から午後7時00分までとする。ただし、にこにこ園長が必要と認めたときは、これを変更することができる。

(休園日)

第8条 幼稚園部の休日及び保育を行わない日は、次のとおりとする。

(1) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(2) 日曜日及び土曜日

(3) 学年始め休業(4月1日から4月7日まで)

(4) 夏季休業日(7月20日から8月31日)

(5) 冬季休業日(12月25日から1月7日)

(6) 学年末休業日(3月27日から3月31日)

(7) その他教育上特別の事情があると認められる日

2 保育園部の保育を行わない日は、次のとおりとする。ただし、町長が特に必要があると認めたときは、変更することができる。

(1) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(2) 日曜日

(3) 年末年始は12月29日から翌年の1月3日まで

(4) その他臨時に定めた休日

(入園申込み等)

第9条 にこにこ園への入園申込み、承諾等の手続きについては、幼稚園及び保育園に関して定められた規定による。

(保育の解除)

第10条 町長は、保育を受けている園児又はその保護者が次の各号のいずれかに該当する場合は、保育を解除することができる。

(1) 保育園に関し和気町保育の必要性の認定に関する規則(平成28年和気町規則第12号)に規定する保育の必要性の認定基準に該当しなくなったとき。

(2) 園児の疾病その他の理由により保育が不適当であると認めたとき。

2 町長は、前項の規定により保育の利用を解除したときは、保育利用解除通知書により保護者に通知するものとする。

(保育園部の保育料)

第11条 保育園部の保育を受ける保護者は、和気町立保育所、保育の実施及び保育料等に関する条例(平成28年和気町条例第26号)に定める保育料、延長保育料(以下「保育料等」という。)を納入しなければならない。

(幼稚園部の保育料)

第12条 幼稚園部の保育を受ける保護者は、和気町立幼稚園保育料条例(平成18年和気町条例第85号)に定めるところによる。

(他の関係規定との関係)

第13条 この規則に定めるもののほか、幼稚園及び保育園の管理運営に関し定められた関係規定を適用する。

(その他)

第14条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

和気町立にこにこ園の組織運営等に関する規則

平成28年12月19日 教育委員会規則第11号

(平成29年4月1日施行)