○和気町営公共土木、農林土木事業等分担金徴収条例の特例に関する条例

平成18年3月1日

条例第152号

(趣旨)

第1条 この条例は、和気町営公共土木、農林土木事業等分担金徴収条例(平成18年和気町条例第151号)に定めるところにかかわらず、激甚災害の指定を受けて行う災害復旧事業についてその経費に対する分担金の率を定めるものとする。

(対象事業)

第2条 対象事業は、平成16年発生台風11号・16号・21号・23号に伴う補助災害復旧事業とする。

(賦課率)

第3条 賦課率は、農地5.8パーセント、農業用施設2.1パーセントとする。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月1日から施行する。

(適用区分)

2 この条例は、平成18年4月1日から適用し、平成16年度の激甚災害の指定を受けて行う災害復旧事業の経費に対する分担金の率を定めたものについては、合併前の佐伯町営公共土木、農林土木事業等分担金徴収条例の特例に関する条例(昭和55年佐伯町条例第1号)の規定による。

和気町営公共土木、農林土木事業等分担金徴収条例の特例に関する条例

平成18年3月1日 条例第152号

(平成18年3月1日施行)

体系情報
第10編 設/第1章 土木・建築
沿革情報
平成18年3月1日 条例第152号