○和気町社会福祉相談員規則

平成18年3月1日

規則第51号

(設置)

第1条 町民からの相談業務を積極的かつ効果的に推進するため、民生福祉部健康福祉課に社会福祉相談員(以下「相談員」という。)を置く。

(委嘱)

第2条 相談員は、社会福祉全般に関して豊かな識見を有し、かつ、社会福祉に関する指導技術を身につけている者のうちから、町長が任命する。

(任期等)

第3条 相談員の任期は、1年とする。ただし、再任することができる。

2 相談員は、非常勤とする。

(解職)

第4条 町長は、相談員が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、相談員を解職することができる。

(1) 心身の故障のため職務の遂行に支障があり、又はこれに耐えられないとき。

(2) 職務上の義務に違反し、又は職務を怠ったとき。

(3) 相談員としてふさわしくない行為があったとき。

(職務)

第5条 相談員の職務は、おおむね次に掲げるものとする。

(1) 障害者施策に係る事務

(2) 介護保険及び老人福祉施策に係る事務

(3) その他社会福祉に係る事務

(4) 関係団体の育成

(服務)

第6条 相談員は、上司の指揮監督を受け、その職務上の命令に従わなければならない。

2 相談員は、その職の信用を傷つけるような行為をしてはならない。

3 相談員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、また、同様とする。

(勤務)

第7条 相談員は、週32時間の勤務をしなければならない。

(報酬及び費用弁償)

第8条 相談員の報酬及び費用弁償に関しては、和気町非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例(平成18年和気町条例第42号)の定めるところによる。

(休日)

第9条 休日は次に定めるとおりとする。

(1) 土曜日、日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(2) 12月29日から翌年の1月3日までの日

(報告)

第10条 相談員は、相談を受けた事項をその都度相談受付簿に記録しなければならない。

2 相談員は、毎月、相談状況を示す書類を作成し、町長に提出しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月1日から施行する。

(任期の特例)

2 この規則の施行後、新たに委嘱する委員の任期は、第3条の規定にかかわらず平成19年3月31日までとする。

附 則(平成20年規則第6号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

和気町社会福祉相談員規則

平成18年3月1日 規則第51号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成18年3月1日 規則第51号
平成20年3月31日 規則第6号