○和気町立幼稚園規則

平成18年3月1日

教育委員会規則第11号

(目的)

第1条 和気町立幼稚園(以下「幼稚園」という。)は、学齢前の幼児を保育し適当な環境を与えてその心身の発達を助長することを目的とする。

第2条 幼稚園の名称、園児定員及び学区は、別表のとおりとする。

2 幼稚園には、園長及び保育教諭を置く。

3 幼稚園には、必要に応じてその他の職員を置くことができる。

(保育年限、学年、学期及び保育を行わない日)

第3条 幼稚園の保育年限は、3年を限度とする。

第4条 学年は、4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第5条 学年を分けて次の3学期とする。

第1学期 4月1日から8月31日まで

第2学期 9月1日から12月31日まで

第3学期 1月1日から3月31日まで

第6条 休日及び保育を行わない日は、次のとおりとする。

(1) 休日

国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日、日曜日及び土曜日

12月29日から翌年の1月3日まで

(2) 保育を行わない日

夏期休業日 7月20日から8月31日まで

冬期休業日 12月25日から1月7日まで

学年末及び学年始め休業日 3月27日から4月7日まで

(3) その他の休業日

前2号に掲げるもののほか、園長が教育上その他特別の事情があると認め、教育委員会の許可を受けて定める日

(教育課程及び保育日時数)

第7条 幼稚園の教育課程は、幼稚園教育要領(平成10年文部省告示第174号)に示す基準によるものとする。

第8条 幼稚園の保育内容は、幼稚園教育要領により監督庁の定めたものとする。

第9条 幼稚園の毎日の保育時数は4時間を原則とし、年間教育週数は特別の事情のある場合を除き、39週以上とする。

(課程の修了)

第10条 園長は、所定の課程を修了したと認めた者には卒業証書(様式第1号)を授与する。

(入園、退園及び休園)

第11条 幼稚園に入園できる者は、当該年度の4月1日において満3歳に達している幼児とし、小学校就学の始期に達するまでの幼児とする。

2 幼稚園における保育を不適当と認める者は、前項の規定にかかわらず入園できない。

第12条 幼稚園に幼児の入園を希望する保護者は、支給認定申請書・兼幼稚園入園申込書を町長に提出しなければならない。

第13条 入園許可は、町長が行う。ただし、入園希望者の数が定員を超えるときは、町長は選考によって入園許可者を決定しなければならない。

第14条 園児の入園期は、毎年4月とする。ただし、欠員のあるときは随時入園を許可することができるが課程の修了については、第9条の保育日数を必要とする。

第15条 園児を退園させようとする保護者は、その事由を具して町長に願い出の上、町長の許可を受けなければならない。

第16条 園児の疾病その他の事由により町長は、期間を定めて休園を命じ、又は退園を命ずることができる。

(保育料)

第17条 幼稚園の保育料は、和気町立幼稚園保育料条例(平成18年和気町条例第85号)の規定により徴収する。

第18条 所定の期日を過ぎても保育料を納入しないときは、町長はこれを除籍することができる。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の和気郡和気町・佐伯町立幼稚園規則(昭和45年和気郡北部教育委員会規則第9号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成28年教委規則第13号)

(施行期日)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

幼稚園名

1号

1学級当たりの園児定数

園児定員

学区

3歳児

4・5歳児

和気町立佐伯幼稚園

20

30

30

佐伯小学校区

和気町立和気幼稚園

67

和気小学校区

和気町立本荘幼稚園

81

本荘小学校区

注 1学級当たりの園児数は、混合保育(4、5歳児)の場合は、20人とする。

混合保育(3、4、5歳児)の場合は、15人とする。

画像

画像

和気町立幼稚園規則

平成18年3月1日 教育委員会規則第11号

(平成29年4月1日施行)