お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 連携中枢都市圏の形成に向けた取り組みについて

お知らせ

2016.08.05

連携中枢都市圏の形成に向けた取り組みについて 【地方創生課】

 地方創生課からお知らせします

 和気町では、岡山市を中心市とする8市5町による連携中枢都市圏の形成に向けた取り組みを進めています。

 連携中枢都市圏の目的とは、人口減少・少子高齢社会にあっても、地域を活性化し経済を持続可能なものとし、国民が安心して快適な暮らしを営んでいけるようにするために、地域において、相当の規模と中核性を備える圏域の中心都市が近隣の市町村と連携し、コンパクト化とネットワーク化により「経済成長のけん引」、「高次都市機能の集積・強化」及び「生活関連機能サービスの向上」を行うことにより、一定の圏域人口を有し活力ある社会経済を維持するための拠点を形成することです。

 詳しくは、岡山市に掲載されている連携中枢都市圏のページをご覧ください。
 http://www.city.okayama.jp/kikaku/kikaku_00295.html