お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • クリーンライフ100構想の見直しについて

お知らせ

2016.03.07

クリーンライフ100構想の見直しについて 【上下水道課】

 「クリーンライフ100構想」は、県内全域において均衡ある下水処理施設整備を図るための長期的な指針として平成7年度に策定され、社会情勢の変化等を踏まえながら過去2回にわたり見直しを行いました。
 今回の見直しは、近年の少子高齢化や地域社会構造の変化等汚水処理施設整備を取り巻く諸情勢が大きく変化していることや、前回の見直し(平成22年度)から5年が経過し、和気町においても様々に状況が変化しており、より効率的な汚水処理の整備手法を選定することが必要であることから見直しを実施するものです。
 
和気町における整備手法
1.公共下水道事業(国土交通省所管)【赤着色】
  ・単独公共下水道
    主として市街地における下水処理において実施するもの
  ・特定環境保全公共下水道
    市街地以外で、処理人口が10,000人以下において実施するもの

2.農業集落排水事業(農林水産省所管)【緑着色】 
 農業振興地域内の農業集落等を単位として集合処理が効率的な地域を対象に実施するもの

3.合併処理浄化槽事業(環境省所管)【着色のない箇所】 
 個別処理で行うことが適正な地域において、生活排水を処理するもの