防災情報

緊急時の対応

お問い合わせ先  本庁舎:総務課  佐伯庁舎:総務管理課

火災防止10か条

今まで何も起こらなかったからといって、明日も大丈夫という保証はありません。
あなたの生活習慣を見直して、防火意識の高い新しい習慣を身につけましょう。

1.ストーブの周辺はすっきりと ストーブ 特にカーテン、洗濯物には要注意。石油ストーブの給油、移動は必ず火を消してから。
2.揚げ物のときはその場を離れない 揚げ物 電話や来客の応対は、必ず火を消してから。
そばに燃えやすいものを置かない心掛けも。
3.寝たばこ、ポイ捨て厳禁 寝たばこ 寝たばこは、しない、させない習慣を。 火のついたたばこの放置やポイ捨ても厳禁。
4.放火させない環境づくり 環境づくり 家の回りに燃えやすいものを置かない。 物置、車庫などのカギはしっかりと。
5.強風の日のたき火は危険 たき火 消火用の水を用意して。子どもだけでたき火をさせない。風のある日のたき火は中止。
6.子どもにはマッチやライターで遊ばせない 火遊び 日頃のしつけをしっかりと。目の届くところにマッチやライターを置きっぱなしにしない。
7.風呂の空だきをしない 空だき 点火のときは浴そうの水量を確かめて。点火、消化は目で確認。
8.コンセントにこまめな気づかい コンセント たこ足配線、コンセントまわりのホコリに注意。使わない時はこまめに抜く。
9.就寝前の火の用心 火の用心 ガスの元栓、コタツのコンセントなど指さし点検で火の元確認。
10.消化の備えを万全に 万全 簡易型火災警報機や消化器を設置して防火訓練には積極参加。